被災した実家の自治体から23年度の固定資産税・都市計画税の減免についてお知らせが届いた。

課税対象の固定資産が一定の規模以上の被害を受けたら
その被害状況に応じて減免するという。

納期も1期目は8月31日に延期

「倒壊の恐れがあるので入室禁止」

はどうなるのか電話で問い合わせすると

その判定とは別ですからとの答え。

ゆがんだ家屋は、とても直せない。

土地は土砂崩れや流失で原状回復が困難で面積が2/10以上の時・・

当然、被災地の自治体の収入は激減となるのだから、日常の行政に影響がでるのは必定。
その補てんは一体どこがしていくのか、国は・・

近いうちに里帰りをして資料をそろえなくては。

■(有)住ステーション浦和
あっちゃんの不動産情報室
ギタの楽書き帖
のりひよのタイピング日記
みきこ手帖 
とよにっき
Maruri’s Cafe
クローバーのひとり事