宅建さいたま浦和支部女性部会の「女子会」で素敵なお料理の前に少し報告しました。テーマは

さいたま市が毎月人口増加していること、不動産会社の数、物件の扱いの現状を踏まえつつ、

ネットの普及が、物件探しや仕事のスタイルをすでにまったく変えていることを改めて認識。

不動産のネット取引解禁や、今は鬼門のレインズ一般公開、地元で地域で活躍する女性たちの役割など

色々な例を挙げつつ、「まさに地元の私達の出番です」と話ました。

参加者は地元で、不動産の仕事はもちろん、家庭、地域で日々活躍している老若の熟女・美女達です。

とりわけ子育て真最中の方、一段落した方、社長の力強いパートナーとして会社を仕切っている方等、新しい参加者が目立ち、先輩女性達と懇親を深めあう姿が印象的でした。

世代交代がしっかりと進み、この宅建さいたま浦和支部の女性達の元気が、より住みやすい活力あふれるさいたま市の原動力の一つになるのではと思います。

楽しい参加者同士のおしゃべりは尽きず3時間にもおよびました。

私も又、彼女たちのあふれる元気をもらうことができました。ありがとうございます。もうひと踏ん張り

これからも しなやかに したたかに そして優雅に 一歩前へ 歩んでまいりましょう。

 

2008年10月発足した、さいたま浦和支部女性部会の目的がきちんと実を結び、未来に繋がっているのを感じるひと時でした。

「本会は、不動産業に従事する女性の代表者及び従業員の方々が、より専門知識の向上をはかり、さまざまな情報交換をしながら、持てる力をのびのびと発揮し、同時に、生活者の立場で、不動産業の使命である地域社会への貢献を目指します。」

さいたま市の不動産は◆◆(有)住ステーション浦和◆◆

あっちゃんの不動産情報室

のりひよのタイピング日記
Maruri’s Cafe
正のおしゃべりきいてよ

◎思いつき覚書