昨日春一番が吹きあれましたが、今朝は穏やかです。
18日国土交通省から 2014年1月1日現在の公示地価が発表されました。
三大都市圏では上昇が確実となり、埼玉県も6年ぶりに上昇に転じています。

国土交通省 地価公示結果の概要
東京県の市区の住宅地の平均価格等
都道府県別地価公示


埼玉県発表では

住宅地の変動率最高は さいたま市浦和区岸町の5.0%、商業地はさいたま市大宮区桜木町の5.2%

県内価格の上位5
                坪単価  前年比
①川口市幸町1        164万    0.4%
②さいたま市浦和区岸町3  125万    5.0%
③川口市青木1        109万    0.6%
③川口市本町2        109万    0.6%
⑤さいたま市浦和区前地2  106万    3.9%

4月からの消費税増税の影響で、前倒しの需要がかなり影響していると思われます。
又、東京オリンピックの影響や、被災地から移転する場所の価格上昇が際立っています。

住宅などの大きな買い物に限らず、今年の3月は増税前にと購入意欲を盛んに煽られます。
私もつい化粧品を買いだめました。

来月以降3ヶ月位の消費はどうなるのでしょうか?2013年のブログ

さいたま市の不動産は◆◆(有)住ステーション浦和◆◆
あっちゃんの不動産情報室
のりひよのタイピング日記
Maruri’s Cafe
正のおしゃべりきいてよ
思いつき覚書