あなたの住まい、ここにあります。さいたま市浦和の不動産・土地・建物・家探しは住ステーション浦和へご相談下さい。
お知らせとブログ

相続の話題

所有者のいない土地 国への生前贈与契約が可能に

さいたま市の浦和駅に近い住宅街を歩いていると、樹木や草に覆われた家屋や草だらけの土地を時々見かけます。相続で揉めているのか、相続人が行方不明か、いないのかと気になります。もっとも、固定資産税が払われているなら所有者不明で …

全住宅の13.6%が空き家、埼玉県の空き家率は10.2%

さいたま市内の駅から15分以内の場所に、築70年は経っている空き家があります。所有者達は80代。 聞けば、父からの相続時に兄弟間の調整が纏まらず、今だ相続登記の目処が立っていないとのこと。夫々他所に自宅を持っています。 …

■不動産宅建協会の法令研修に参加

毎年開催される宅建協会主催の「宅建業法令研修会」に参加してきました。 今回は業者間トラブル事例や、相続不動産の取引における注意点及び相続に関する民法改正についてです。       &nbsp …

■ 土地の相続登記は義務化の方向に、所有者不明土地問題

さいたま市内の徒歩圏内でも、ぽつんと時代に取り残されたような昭和の古い建物や、草や低木が伸び放題の雑木林と化した土地を見かけます。「きっと相続がうまくいっていないのね、火事になったら大変、地価は◯◯◯◯万円するのにもった …

不動産と相続関連の税制改正をタクトセミナーで学ぶ

今年の「新春タクトセミナー」は、中小企業・小規模事業者関係の事業承継から相続対策の方向性まで、平成31年度税制改正、民法改正の最新情報を踏まえて解説。税務の専門分野は難しいので別にして、不動産と相続関連の説明には気になる …

遺言書に付言を 伝えたいこと・人生をふり返る言葉で

40年ぶりの相続に関する民法改正の中の自筆遺言証書について、専門家の勉強会に参加しました。自筆の遺言は全文を書きますが、財産目録はワープロでも良い等、本人の負担が軽減されています。民法改正詳細 そして多くの専門家が指摘す …

相続した実家を売るなら「空き家の譲渡所得の3000万円特別控除」利用を

平成28年度からスタートした「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」を利用する売主さんが増えています。深刻化する空き家の放置による環境悪化の防止や有効活用を促進することが目的の特例。相続が空き家を増加させている大きな要因 …

さいたま市の税理士石倉先生「相続落語」で新聞紹介される

今年3月にパルコで相続落語を披露していただいた石倉英樹氏(参遊亭英遊)が、30日付東京新聞に紹介されました。 相続専門の税理士が実際は数少ないことをご存知ですか?税理士さんならどんな分野も大丈夫、ということではなく各人得 …

相続で配偶者を優遇 改正民法が成立 事実婚や同性婚パートナーは・

■2018年7月6日、40年ぶりに民法の相続関連が改正され、相続における配偶者を優遇する法が参院本会議で可決、成立しされました。柱は、高齢の配偶者の住まいや生活資金を保障するために、残された配偶者が今までどおり自宅に住め …

不動産評価の低い空家、空地でも相続時に必ず手続きを

親の相続手続きの中で、固定資産税を払った覚えも無く、権利証も無い土地が田舎にあるらしいことがわかり、私が相続することになりました。調査の結果、評価額が30万未満のため固定資産税は発生せず、役所では登記された住所にも連絡は …

1 2 3 6 »
会員ログイン

最近の投稿

エリアのご案内

社長ブログ

  • facebook
  • twitter

不動産用語集

PAGETOP
Copyright © 有限会社住ステーション浦和 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.