熊本周辺の地震状況が、刻一刻とラジオから流れる中、朝一番で管理物件のシャッターが危険だと、そばのコンビニ店主から電話。

シャッター止めの棒がはずれ、強風にあおられた蛇腹がバタバタと宙に浮かんでいます。通行人にあたって怪我でもしたらとんでもない事になる  

大家さんに連絡、工務店に連絡し、私も吹き飛ばされそうで危険を感じながら、車に積んでおいたトラロープをシャッターの前に汗だくで張りました。そして110番。4人が揃って何とかシャッターを壊して外し、ガラス戸にしてくれました。気をつけてくださいねといわれ、ぐったり。

 いつもなら↓

強風でビルのシャッターでも古いと壊れる事を学びました。周辺でも鉢が飛んだり、工具が散らばったりもしています。地震と共に気象の激変にも気をつけたい日本列島です。